Bizmates(ビズメイツ)で学習できるビジネス英語やTOEIC対策

2ae3dee9d14061db7bcb981c4edcc0cb_s
スポンサーリンク

Bizmates(ビズメイツ)で学習できるビジネス英語!

ビジネス英語に焦点を当てて学習できる数少ないオンライン英会話がBizmates(ビズメイツ)です。

 

本気でビジネス英語を学びたいビジネスパーソンに最適なスクールで、日常英会話では物足りない生徒が受講しています。

 

Bizmates(ビズメイツ)のカリキュラムの中でもメインとなるのがBizmates Programで、例えば名刺交換に関するテーマを習う際に他のスクールとどのような違いがあるのかまとめてみました。

 

通常のビジネス英会話⇒名刺交換のやり方や挨拶の正しい方法について学ぶ
Bizmates Program⇒「名刺ホルダーを添えるのか?」「両手で渡すのか?」と日本人の考え方や文化について理解してもらうためのスキルを同時に学ぶ

 

このようにビジネス英語に関して深掘りしたレッスンを受けられるのが魅力となっており、「ビジネス特化型オンライン英会話No.1」と言っても過言ではありません

 

もちろん、名刺交換に関する内容だけではなく、Eメールライティングやプレゼンテーション、電話会議や海外出張といったテーマを想定して学習できます。

 

ビジネスで成果を上げるためには以下の5種類の要素が必要だとこのスクールは考えています。

 

Language:ボキャブラリーやフレーズなどベースとなる英語力
Communication:コミュニケーションスキル
Diversity:相手の価値観を受け入れる姿勢
Leadership:周囲を引っ張って進める力
Personality:信頼関係を獲得するスキル

 

これらを総合的に学ぶのがBizmates(ビズメイツ)のBizmates Programで、独自の学習法でスキルアップを図っていくのです。

 

「ビジネス英語=難しい」というイメージがあるものの、初心者に対して継続的なフィードバックをしてくれるので一から少しずつ着実に習得できるでしょう。

 

グローバル化が進む中でビジネス英語のスキルは必ず必要となるので、どのスクールに入会しようか迷っている方はBizmates(ビズメイツ)を選んでみてください。

 

>>>Bizmates(ビズメイツ)の詳細はこちら<<<

 

動画でビジネス英語を学べるBizmates Channelがおすすめ!

通常のSkypeを使ったレッスンだけではなく、Bizmates(ビズメイツ)では動画でビジネス英語を学べるBizmates Channelが取り入れられています

 

ビジネスパーソンに役立つ動画コンテンツが無料で配信されており、楽しく英語学習に繋げられるのがメリットです。

 

以下では、Bizmates Channelでどのようなコンテンツが用意されているのかまとめてみました。

 

Words&Phrases:ビジネスに特化したボキャブラリーやフレーズを学ぶ
For Beginners:英会話を始めたばかりの初級者向けのコンテンツ
Q&A:効果的な英語学習法や異文化理解に関するコンテンツ
Trendy News:今話題のニュースについて明確にレポートしてくれる

 

メルマガに登録すれば更新情報を簡単にチェックできるので、Bizmates(ビズメイツ)へと入会している生徒は積極的に利用してみましょう。

 

スポンサーリンク
   

Bizmates(ビズメイツ)でTOEICの学習はできる?

ビジネス英語に特化したオンライン英会話ということで、Bizmates(ビズメイツ)でTOEICの学習はできないと考えている生徒は多いかもしれません。

 

確かに、TOEICの専門的なカリキュラムは用意されていませんが、Bizmates(ビズメイツ)でレッスンを受けることでスコアアップは十分に期待できます。

 

そもそも、TOEICで高得点を取得するためにどのようなスキルが必要となるのか以下では簡単にまとめてみました。

 

・リスニング力やリーディング力など総合的な英語力
・ボキャブラリーやフレーズの意味を把握する情報処理能力
・過去問を使ったテストに対する対策力

 

資格試験に対する対策力はBizmates(ビズメイツ)では磨くのが難しいものの、総合的な英語力や情報処理能力は身に付けられます。

 

ビジネスシーンに登場するフレーズはTOEICのテストでも登場することはありますし、オンライン英会話は対話形式のレッスンなので自然と聞き取り能力の向上に繋がるのです

 

もし、Bizmates(ビズメイツ)のレッスンだけでは不安ならば以下のような対策をスキマ時間に行ってみましょう。

 

<参考書>
・それぞれのパートの解き方が解説されている「世界一わかりやすいTOEICテストの授業」
・模試の効果的な使い方が記載された「新形式TOEIC おすすめ公式問題集」
・英語学習のブランクが空いた方におすすめの「10年ぶりの英文法」

 

<アプリ>
・リスニング力の強化に有効な「TOEIC ENGLISH UPGRADER」
・うろ覚えの英単語を習得できる「TOEICの最頻出語2000語」
・穴埋め問題ができる「TOEIC Part5模擬試験800問」

 

「英語はオンライン英会話で学習しなければならない」とは決まっていないので、上記の参考書やアプリを上手く併用してみてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク