DMM英会話とhanasoの比較

オンライン英会話・スカイプ英会話なら無料体験できるhanaso
スポンサーリンク

DMM英会話とhanasoを比較しよう

DMM英会話が登場するよりも前に生徒へと英会話を提供していたスクールがhanasoです。

 

現在では大手の企業が運営しているということでDMM英会話の方が知名度が高いものの、hanasoもそれなりに人気を得ているという点では変わりありません。

 

そこで、以下ではDMM英会話とhanasoを徹底的に比較してみたのでどのような違いがあるのか確認しておいてください。

 

在籍している講師で比較

オンライン英会話は基本的に1対1のマンツーマンで受講する形となり、講師の質によってレッスンの内容は大きく変わります。

 

在籍している講師で比較するとhanasoよりもDMM英会話に軍配が上がり、その理由を見ていきましょう。

 

DMM英会話は在籍している講師の人数が多くて国籍も豊富

DMM英会話に在籍している講師の数は非常に多く、尚且つ国籍も豊富という点がhanasoとの大きな違いです

 

DMM英会話⇒様々な国籍の講師が7,000人以上に渡って在籍している
hanaso⇒フィリピン人講師だけでトータルの人数は450人程度

 

上記のように人数も国籍の種類もDMM英会話はhanasoを圧倒しており、業界でトップクラスだと言われている理由かもしれません。

 

「hanasoには明るくてフレンドリーなフィリピン人講師が多い」という口コミは多いのですが、DMM英会話へと入会した方がグローバルな英語力を身に付けられます。

 

英語の指導経験が豊富な講師も数多く在籍しているので、一度無料体験レッスンを受けてみてください。

 

>>>DMM英会話の詳細はこちら<<<

 

hanasoは講師の検索システムが使いやすい

DMM英会話と比較してみると、hanasoは講師の検索システムが使いやすいという特徴があります

 

・「10代」「20代」「30代」など年齢を指定する
・「英会話フレーズ」「発音トレーニング」「旅行英会話」などレッスン内容を指定する
・「初心者向け」「WEBカメラを良く使う」といった講師のタイプ
・「人文科学系」「工学系」「理学系」といった講師の学科

 

このような条件を自由に指定して講師を探せるので、自分に合った先生を見つけてレッスンを受けられるのです。

 

DMM英会話でも同じように用意されていますが、hanasoの方がどちらかと言うと使いやすいかもしれません。

 

受講できる時間で比較

オンライン英会話によって開講時間が大きく異なり、スクールを比較する上でのポイントとなっています。

 

DMM英会話とhanasoでは受講できる時間にどのような違いがあるのか見ていきましょう。

 

DMM英会話⇒24時間365日レッスン可能
hanaso⇒早朝の6時から深夜の1時

 

hanasoが登場した当初は10時からしか受講できなかったのですが、他のスクールと差別化を図って利用しやすくするために早朝レッスンを取り入れました

 

しかし、早朝や深夜に限らず24時間受講できるという思い切ったシステムを取り入れたのがDMM英会話で、様々な年代や職業の生徒が英語を学習できます

 

「予定やスケジュールが不定期でいつレッスンを受けられるのか分からない」という生徒にはDMM英会話がおすすめです。

 

1レッスン当たりの料金やプランで比較

1レッスン当たりの料金が最安値のプランで比較してみると、hanasoよりもDMM英会話に軍配が上がります。

 

DMM英会話⇒毎日3レッスンプラン:月額13,980円(1レッスン当たり150円)
hanaso⇒毎日50分プラン:月額9,600円(1レッスン当たり155円)

 

少しでも格安の料金で生徒が英語を学習できるように、DMM英会話では150円という低価格設定となっているのです

 

しかし、hanasoは1レッスン当たりの料金が高い代わりに、以下のように多種多様な料金プランが取り入れられているというメリットがあります

 

・「月8回」「月12回」「月16回」の回数プラン(翌月に繰り越せるのでお得)
・「毎日25分」「毎日50分」の毎日プラン(毎日話せるので最もお得)
・「週2日25分」「週2日50分」の週2日プラン(1週間に2回で無理なく続けられる)

 

このように、生徒の生活スタイルに合わせて複数の料金プランから自分に最も適したものを選べるのです。

 

英語力を短期間で高めるには学習ペースを速めなければならないものの、無理をして続けるのは辛いのではないでしょうか。

 

「忙しいから毎日オンライン英会話のレッスンを受けるのはちょっと・・・」という生徒はhanasoへと入会してみてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク