オンライン英会話と英会話教材の違い

4664a61a1aaf63969747e3de0ca74434_s
スポンサーリンク

オンライン英会話と英会話教材にはどのような違いがあるの?

現在において主流の英語学習法がオンライン英会話と英会話教材の2つです。

 

以前までは英会話教室へと通ったり独学で参考書を購入したりする方法が一般的でしたが、高額な費用がかかるので利用する生徒はかなり減りました。

 

その点、オンライン英会話と英会話教材ならば実店舗へと通う必要はなく、自宅で好きな時に英語の学習ができます。

 

オンライン英会話⇒インターネット回線を通じて講師とレッスンを受ける
英会話教材⇒テキストと音声CDがセットになって教材でネットを通じて購入する

 

このような違いがあり、「どちらの学習方法が効果的なのか?」という疑問を抱えている方は多いかもしれません。

 

どちらにもメリットがあるので一概には説明できないものの、人見知りで英語で会話を続けるのが難しいのならば通販で購入できる英会話教材が適しています

 

テキストを読んで文法の勉強をしたり音声CDを聞いてリスニング力を上げたりという学習が可能で、以下のように様々なメーカーから独自の教材が販売されているのです。

 

Hapa英会話:ボリュームがあるので初心者が一から学ぶのに適している
1000時間ヒアリングマラソン:リスニング教材の王様と呼ばれているテキスト
スピードラーニング:文法や単語を無視するコンセプトでリスニングに重点を置いている
エブリデイイングリッシュ:29,800円とコスパが良く英語を聞き流して英語脳を身に付けられる
スピークナチュラル:超スロースピードで英語を聞き取れるので初心者におすすめ

 

上記のような英会話教材が高い評判を得ており、英語学習者にとっては馴染みのあるアルクといった大手の会社から提供されています。

 

しかし、オンライン英会話のように会話で英語を学ぶ方法ではないので、インプットには適していてもアウトプットはできないのがデメリットです。

 

「英語を聞き流すだけで話せるようになります」と謳っている教材はあるものの、実際のところは音声CDを聞いているだけでは意味がありません。

 

インプット⇒英語を徹底的に頭の中に入れる
アウトプット⇒感じたことを英語で口に出す

 

この2つをバランス良く学ぶのが英語力のアップには欠かせないので、英会話教材よりもオンライン英会話の方が適しているのはお分かり頂けるはずです

 

「勉強時間が長いのに英語を話せるようにならば」という方は根本的な学習法が間違っている可能性があるので、インプットとアウトプットの両方ができるDMM英会話でレッスンを受けてみてください。

 

>>>DMM英会話の詳細はこちら<<<

スポンサーリンク


スポンサーリンク