英会話ができるようになるためには英語脳を鍛えるべき理由

こんにちは、オンライン英会話歴5年・フィリピン留学歴1年・TOEIC925のタツヤです。

今回も、机でカリカリ勉強することが嫌い!でも、TOEICを短期間で劇上げしネイティブとの日常会話もできるようになりたいあなたのために情報発信していきます。

 

 

こんな人におススメの記事です!

✔英語脳を鍛えれば、英会話ができるようになるのか知りたい人

 

 

今でこそあれですが、当時はどうやったら英会話ができるようになるのかなぁって悩んでいたんですよね。

 

 

時には参考書を買ったり、時にはオンライン英会話をやってはみたものの、まだ何か足りないものがあると悩んだのですが、それが英語脳だったんですね。

 

 

そんなわけですが、英会話ができるようになるためには(*1)英語脳を鍛えるべき理由が気になりませんか?

 

 

*1英語脳については、詳しくは僕のTOEICが925になった秘訣である英語脳とは何か徹底的に解説しました!という記事に書きましたので、参考になさってくださいね。

 

 

そこで今回は、英会話ができるようになるためには英語脳を鍛えるべき理由をご紹介します。

スポンサーリンク

英会話ができるようになるためには、英語を日本語に訳さず話したり聞いたりする(=英語脳を鍛える)必要があるから

簡単に言えば、英会話って英語を(自分が)話したり(相手が話すのを)英語で聞いたりすること。

 

 

そんなわけですが、(自分が)英語を話したり(相手が話すのを)英語で聞いたりするのを逐一日本語に訳していると、時間がかかります

つまり、英会話ができません

 

 

もし、(自分が)英語で話す前に紙に書き、それを話すのであれば英会話ができるかもしれません。

 

 

また、(相手が話すのを)ゆっくり話してもらい、それを聞いて理解するのであれば英会話ができるかもしれません。

 

 

ただ、それって英会話じゃありませんし、(*1)そもそもそんなに時間がかかるのを人は待っていられませんから、そもそも英会話ができません汗

 

 

*1詳しくは何秒だったか忘れましたが、人は数秒すら待てないという統計があるみたいです笑

 

 

逆に言えば、英会話ができるようになるためには、

 

 

1)英語を日本語に訳さず話す

2)英語を日本語に訳さず聞く

 

 

の両方が必要になるわけですね

 

 

スポンサーリンク
   

英語脳を鍛えると、何にも動じない確固たる基礎ができて、英会話ができるようになるのも早くなるから

何にも動じない確固たる基礎ということですが、よくTOEIC900あるけど話せないという方がいますよね?

 

 

そんなわけですが、これってリーディング・リスニングの確固たる基礎はあるけど、スピーキングの基礎がない(もしかしたらライティングの基礎もない)ってことなんですね。

 

 

なので、(*1)TOEICSWのようなスピーキングとライティングのテストを受けると、基礎がないためにボロボロになってしまうわけです。

 

 

*1通常、僕たちはTOEICのリーディングとリスニングのテストを受けるわけですが、TOEICSWというスピーキングとライティングのテストもあります。

 

 

逆も然りで、話せるけどTOEIC900ないという方もいるわけですが、これも確固たる基礎がないってことなんですね。

 

 

なので、先程とは違い通常のリーディングとリスニングのTOEICを受けると、基礎がないためにボロボロになってしまうわけです。

 

 

そんなわけですが、リーディングとリスニングかスピーキングとライティングのどちらかしかできないより、全てできた方が良いですよね?

 

 

そして、そのような何にも動じない確固たる基礎ができるためには英語脳を鍛える必要があり、さらには英会話ができるようになるのも早くなるんですね

 

 

英語脳を鍛えると、何にも動じない確固たる基礎ができる例なのですが、僕の英語学習ヒストリーがその一例です。

 

 

2011年6/1~9/1(3カ月)

1オンライン英会話を始めた頃はぜんぜん英語を話せなかったものの、2・3カ月もすれば、わからなかったら質問することでコミュニケーションが取れるようになる。

2011年9/1~2012年3/1(半年)

2半年もすれば、日本語を英語に訳しながら英語を話す少しレベルの低い日常英会話程度であればできるようになる。

TOEIC595を取る

日本語を英語に訳しながら英語を理解するのはダメであり、英語脳を鍛える必要があることに気付く

2012年3/1~2013年3/1(1年)

3さらに半年~1年もすれば英語を日本語に訳さず理解できるレベルの高い日常英会話程度であればできるようになる

2013年9月

フィリピン留学

2013年10月

TOEIC925を取る

2013年11月

TOEIC805に下がる

2013年12月

TOEIC905に上がる

 

 

2013年10月にTOEIC925を取る前までずっと、僕がずっとやっていたことは英語脳を鍛えること。

(*1)TOEICの勉強は、ぜんぜんしていなかったんですね。

 

 

*正確には、TOEICの勉強が嫌過ぎただけでした笑

 

 

(*1)少なくない方が、TOEICの点数を上げるためにはTOEICの勉強をするべきと思っているのですが、そんなことはありません。

 

 

*1とはいえ、TOEICの出題形式に慣れ、戦略を立てるくらいはしないとですね。

 

 

英語を日本語に訳さず理解できる英語脳を鍛えに鍛え上げたことで、確固たる基礎ができていたので、TOEICのリーディング・リスニングの勉強をぜんぜんしなくてもいけたということなんですね。

 

 

そんなわけですが、英語脳を鍛え何にも動じない確固たる基礎ができる→英会話ができるようになるのが早くなるのは当たり前です。

 

 

先ほどの通り、英会話ができるようになるためには、

 

 

1)英語を日本語に訳さず話す

2)英語を日本語に訳さず聞く

 

 

の両方が必要になるわけですが、英語脳を鍛えることでまさにこの両方ができるようになるので、英会話ができるようになるのも早くなるということなんですね。

 

 

まとめ

今回は、英会話ができるようになるためには英語脳を鍛えるべき理由ということですが、ポイントは2つ。

 

 

英会話ができるようになるためには、英語を日本語に訳さず話したり聞いたりする(=英語脳を鍛える)必要があるから

英語脳を鍛えると、何にも動じない確固たる基礎ができて、英会話ができるようになるのも早くなるから

 

 

そんなわけですが、英会話ができるようになるためには、英語脳を鍛える必要があります。

詳しくは先程の僕のTOEICが925になった秘訣である英語脳の作り方を徹底的に解説しました!という記事に書きましたので、参考になさってくださいね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク