Best Teacher(ベストティーチャー)の効果的な使い方

9ac187d9973aea95022f63781fd1a3ef_s
スポンサーリンク

Best Teacher(ベストティーチャー)と一般的なオンライン英会話の比較

Best Teacher(ベストティーチャー)と一般的なオンライン英会話とでは様々な違いがあります。

 

そこで、どのような点で異なるのか以下では簡単に比較してみました。

 

<Best Teacher(ベストティーチャー)>
・Writingレッスンで話したい内容の英文を自分で作成した後にSkypeレッスンを受ける
・ビジネス経験のある30ヶ国以上の講師が在籍している
・勉強したい時に直ぐにスマホを開いて受講できる(Writingレッスンは予約なし)

 

<一般的なオンライン英会話>
・既存のオリジナルテキストや市販教材に沿ってレッスンを受ける
・格安の料金を提供するためにフィリピン人の大学生や卒業生が講師を担当している
・毎回パソコンを立ち上げて予約した時間帯に受講する

 

このような相違点があり、自分で英文やスクリプトを作成してレッスンを受けていくのが最大の特徴です

 

Best Teacherベストティーチャーでは話したい内容を会話文にできレッスンを受けている最中にもやもやした感じになることはありません

 

スポンサーリンク
   

Best Teacher(ベストティーチャー)の効果的な使い方をチェック!

このページでは上記のようなコンセプトのBest Teacher(ベストティーチャー)の効果的な使い方についてご説明しています。

 

奇抜なシステムでもしっかりと使いこなせなければ意味がないので事前に確認しておきましょう。

 

自分が話せるようになりたいレッスンを選ぼう

Best Teacher(ベストティーチャー)の通常コースでは、1,000種類以上のテーマの中から自分が話せるようになりたいレッスンを選ぶ形となります

 

その内容に従ってWritingレッスンで英文スクリプトを作成し、Skypeレッスンで講師と音声によるやり取りを行うのです。

 

以下では、個人のタイプ別でどのようなテーマを選べば良いのか目安を挙げてみました。

 

人事異動で海外営業部へと配属になったビジネスパーソン⇒「時事ネタのニュースに関するテーマ」
基礎的な英会話を学んで海外旅行を楽しみたい主婦⇒「海外旅行に関するテーマ」
就職活動で英語力を武器にしたい大学生⇒「音楽に関するテーマ」
英会話の効果的な勉強方法が分からない初心者⇒「自己紹介や家族構成に関するテーマ」

 

このように自分の目的な英語力を把握し、ピッタリのテーマを選んで学習していくのがBest Teacher(ベストティーチャー)の効果的な使い方です。

 

多種多様なトピックの中から選択できるので、自分が話したい内容があるのかどうかBest Teacher(ベストティーチャー)の公式ホームページで確認してみてください。

 

>>>Best Teacher(ベストティーチャー)の詳細はこちら<<<

 

添削や音声を確認して徹底的に復習する

Best TeacherベストティーチャーのWritingレッスンを受け終わると自分で作った文章を講師が添削して音声ファイルも同時に提供してくれます

 

1 日常英会話とビジネス英会話の中からテーマを選択する
2 最大で5往復に渡って文字ベースの疑似会話を行う
3 講師とのやり取りはDialogへと記録されていく

 

上記のような流れでWritingレッスンが終了し、添削された文章や音声を使って徹底的に復習するのが効果的な使い方です

 

Best Teacher(ベストティーチャー)には正しい文法と発音を兼ね備えたネイティブ講師が在籍しており、自然な英語にするために文法の間違いを細かく指摘してくれます。

 

自分の書いた文章のどこが悪かったのか把握できればライティング力のアップに繋がりますし、音声ファイルを使えばリスニング力の向上が期待できるはずです。

 

時間帯によっては5回のやり取りのWritingレッスンで半日間程度かかるかもしれませんが、スキマ時間で進行するので忙しいビジネスマンでもマイペースで受講できるでしょう。

 

Skypeレッスン後の成績表で英語力を確認する

Best Teacher(ベストティーチャー)ではWritingレッスンとSkypeレッスンの終了後に、個人の成績表が届けられます。

 

成績表のチェックでどの部分の英語力が足りないのか把握でき、講師からのコメントやアドバイスで弱点克服も十分に可能です

 

また、無料会員や有料会員を問わず「レベルチェックレポート&学習アドバイス」の提供が開始し、以下の観点から英語力をチェックできます。

 

・リスニング力
・発音力
・語彙力
・文法力
・表現力

 

講師からのフィードバックは今後の強い武器となりますし、「レベルチェックレポート&学習アドバイス」を効果的に活用すれば短期間でのスキルアップも難しくありません。

 

「数段階の評価ではなく中身のあるレポートだった」と生徒から評判なので、今後の英語学習に上手く役立ててみてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク