Best Teacher(ベストティーチャー)で受けられるIELTS対策やTOEFL対策

b4531233b250804f287b9a062c243f73_s
スポンサーリンク

Best Teacher(ベストティーチャー)で受けられる資格試験対策!

Best Teacher(ベストティーチャー)では通常のコースだけではなく、IELTSやTOEFLなど資格試験対策が可能です。

 

自分の英語力を把握したり就職活動を有利に進めたりと様々なメリットがあり、高スコアを目指す方は増えました。

 

そんな生徒のサポートを行っているオンライン英会話がBest Teacher(ベストティーチャー)で、豊富なカリキュラムから選択できるのが魅力的なポイントとなっています。

 

以下では、どんなカリキュラムを選択できるのか詳しく説明しているので一度チェックしておきましょう。

 

IELTS対策コース

英語熟練度を測る資格試験で120ヶ国、約6,000の教育機関や政府機関が採用しているのがIELTS(International English Language Testing System)です。

 

実施されている回数や会場は少なく、日本では知名度が低いかもしれませんが世界的に認められたテストとなっています。

 

Best Teacher(ベストティーチャー)ではIELTS対策コースが取り入れられており、以下のような生徒におすすめのカリキュラムです。

 

・海外大学や海外MBAを目指している
・自費で留学したいビジネスパーソン
・IELTS対策を特色にしている学校の学生

 

既存の1,000以上のレッスンに加えて、このコースでは「新セルフスタディ IELTS 完全攻略」という市販教材を使って受講していきます。

 

アカデミック・モジュールのスピーキングやライティングを攻略することを目的としており、スコアに伸び悩んでいる方はBest Teacher(ベストティーチャー)でIELTS対策を受けてみてください。

 

>>>Best Teacher(ベストティーチャー)の詳細はこちら<<<

 

TOEFL対策コース

英語を母国語としない人々の英語力を測るテストとしてTOEFL(Test of English as a Foreign Language)は1964年と50年以上も前に開発されました。

 

Best Teacher(ベストティーチャー)ではTOEFL対策コースが設けられており、以下の2種類からお好きなカリキュラムを選択可能です。

 

TOEFL iBT(R)対策コース:スコアアップに必要な4技能学習を徹底的に行う
TOEFL Junior Comprehensive対策コース:ETSのサンプル問題を中心に学んでいく

 

どちらもスピーキングモジュールやライティングモジュールを効率良く学ぶことができ、対話形式のオンライン英会話なのでリスニング力の向上にも繋がります。

 

TOEFLのテストは他の資格試験と比べてハードルが高く、「読む」「書く」「聞く」「話す」という4つのスキルを問われるからです。

 

参考書を使った独学では効率良く伸ばすことができないことも多いので、オンライン英会話のBest Teacher(ベストティーチャー)を活用してみましょう。

 

英検対策コース

日本人から最も馴染みのある英語の資格試験が英検で、Best Teacher(ベストティーチャー)では以下の3種類からカリキュラムを選択できます。

 

・英検1級対策コース
・英検準1級対策コース
・英検2級対策コース

 

英検3級や4級のコースは用意されていないため、初心者にとっては少々ハードルが高いかもしれません

 

それでも、更なるスキルアップを目指して1級や2級に合格したい生徒におすすめで、一次試験の英作文や二次試験の面接にスポットを当てて学んでいきます

 

通常のレッスンに加えて、市販教材の「英検準1級予想問題ドリル 改訂新版」や「英検2級予想問題ドリル 新試験対応版」を使って学習していきましょう。

 

TEAP対策コース

上智大学と日本英語検定協会が共同で開発した英語運用テストがTEAP(Test of English for Academic Purposes)で、入試の際に採用する大学は増えました。

 

・統計的な調査を行って質の高い問題が出題される
・「Reading」「Listening」「Writing」「Speaking」の4技能を測れる
・成績表の発行によるフィードバックで今後の英語学習に役立てられる
・1年間に複数回の受験が可能

 

このようなメリットがあり、Best Teacher(ベストティーチャー)ではTEAP対策コースを選択できます。

 

受験英語やTOEICができても英語を話せない日本人は多く、スピーキング力やライティング力の向上に焦点を当てた学習不足が原因です。

 

それを補うのがBest Teacher(ベストティーチャー)のTEAP対策コースで、実用的な英語力を育成するために利用してみましょう。

 

TOEIC SW対策コース

TOEICのスピーキングモジュールとライティングモジュールに焦点を当てたレッスンがBest Teacher(ベストティーチャー)のTOEIC SW対策コースです。

 

TOEICはリスニング力とリーディング力の2種類があれば良いと考えている方は多いものの、実践力を強化する目的でTOEIC S&Wが取り入れられました。

 

Best Teacher(ベストティーチャー)のTOEIC SW対策コースではこのスコアを伸ばすことを目的としており、市販教材を使ったレッスンも可能です。

 

WritingレッスンとSkypeレッスンが無制限という点では一緒なので、目標スコアに到達できるように努力してみてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク