オンライン英会話で相槌の練習をしよう

4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_s
スポンサーリンク

オンライン英会話を利用して相槌の練習をしよう

日本語では会話の途中に合わせて相槌を打つのは簡単でも、話すのに慣れていない英語の場合は軽い返事が難しいと感じるかもしれません。

 

言葉の問題だけではなく文化の違いも関わっているので完璧にマスターするのは困難かもしれませんが、オンライン英会話でレッスンを受けていれば簡単に練習できます。

 

オンライン英会話は基本的に講師と生徒で1対1で受講するマンツーマンスタイルが多く、対話形式でレッスンが進められるので実践的な会話も十分に可能です。

 

日本語でも英語でも会話の最中で相槌を打つのは大事ですし、話し手と聞き手が共同で会話を進行するために必須なのではないでしょうか

 

しかし、日本語と英語では相槌のやり方やフレーズが少々異なり、微妙な感覚のズレを上手く修復しなければなりません。

 

・日本語では「ええ、ええ」や「はい、はい」といった相槌を使うことが多い
・英語に直訳すると「Yes, yes」となって不自然
・相手が話す度に「Really?」と聞き返すと話の骨を折ってしまう

 

適切なタイミングでベストな表現を選択しなければならないので、どのように相槌を打てば良いのか簡単にまとめてみたのでオンライン英会話のレッスンで実践してみてください。

 

<分かりましたという表現>
・OK
・I understood
・I see
・uh-huh
・Right

<軽く頷く際の表現>
・I think so
・I guess so
・I believe so
・Kind of

<相手に同調する際の表現>
・Yeah
・I agree
・Fine!
・That’s fine!
・Beautiful!
・That’s OK

<本当にその通りと激しく同意したい時の表現>
・Totally!
・Absolutely!
・Exactly!
・Wonderful!
・Awesome!

<軽く聞き返したい時の表現>
・Why?
・How so?
・How come?
・Why not?

<残念な話を聞いた時の表現>
・That’s terrible!
・That’s too bad
・Are you serious?
・No way!

 

日本人は英語が母国語の人と比較してみると2倍から3倍は相槌が多いというデータが出ており、いざ英語で使ってみるとなるとどのフレーズをチョイスして良いのか分からなくなるかもしれません。

 

そんな時に最適なのがオンライン英会話で、恥ずかしがらずに積極的に自分から話すことで英語での会話の流れを上手く掴めるはずです。

 

相槌は必ずしも使わなければならないわけではありませんが、会話の潤滑油のような役目を果たしてくれるのでコミュニケーション力を高めるためにマスターした方が良いでしょう

 

当サイトでご紹介しているDMM英会話ならば格安のレッスン料金で毎日英語を話せるので、講師との会話で相槌の正しい打ち方を学んでみてください。

 

>>>DMM英会話の詳細はこちら<<<

スポンサーリンク


スポンサーリンク