オンライン英会話でプレゼンテーションの練習をしよう

6195ff9fd427ef8d0c6ddc670dc11f76_s
スポンサーリンク

オンライン英会話のレッスンでプレゼンテーションの練習をしよう

ビジネスにおいてプレゼンテーションは大事な位置付けで、相手に何を伝えたいのか自分の考えをまとめてから発表しなければなりません。

 

日本語でも分かりやすいプレゼンをするのは難しく、英語ならば尚更なのでオンライン英会話のレッスンで練習してみてはいかがでしょうか。

 

オンライン英会話の中には専門のカリキュラムを取り入れ、プレゼンテーション対策ができるスクールがあります。

 

講師と1対1で学ぶスタイルのスクールが多いので徹底的な対策ができますし、自分に足りないものが何なのか把握できるのです。

 

英語のプレゼンテーションで必要となるフレーズ

英語のプレゼンテーションには定型的な言い回しやテクニックがあり、論理的に進めるためには習得しなければならないノウハウとなります。

 

話の運び方を心得ておくだけでも相手に明確に伝わりやすいプレゼンテーションができるようになるので、まずはどんなフレーズが使われるのか見ていきましょう

 

最初の挨拶(みなさん、はじめまして)⇒「Good morning ladies and gentlemen.」
自己紹介(〜が私の任務です)⇒「It is my responsibility to〜」
本題に入る前(はじめに〜)⇒「First of all〜」「Firstly〜」
概要の説明(1時間くらいのプレゼンになります)⇒「This presentation will take about one hour.」
次の内容に進む時(〜に移りましょう)⇒「Let’s move on now to〜」
結論を述べる時(最後に〜)⇒「And finally〜」「Lastly〜」
質問を受け付ける(ご質問をお願いします)⇒「Feel free to ask any questions at any time.」
締めの言葉(ご清聴ありがとうございました)⇒「Thank you for your attention.」
締めの言葉(時間を割いて頂きありがとうございました)⇒「Thanks so much for taking the time to join today.」

 

プレゼンの内容によっても異なりますが、一連の流れを把握しておくのが最も大事です。

 

最初に日本語で大まかな流れを確認し、英語で伝えるにはどうすれば良いのか考えます。

 

1回では満足のいく運び方ができないかもしれないので、オンライン英会話のレッスンを利用して何回も練習してみてください。

 

プレゼン対策ができるオンライン英会話

レッスンの中でプレゼン対策ができる代表的なオンライン英会話がBest Teacher(ベストティーチャー)です。

 

1 たくさんのカリキュラムの中から興味のある話題を選ぶ
2 最初にボキャブラリーやフレーズの確認をする
3 自分で話したい英作文を作ってみる
4 講師に添削してもらう(数回に渡って繰り返す)
5 スカイプレッスンで実際に会話を行う
6 フィードバックで弱点を補う

 

このような流れで学んでいくのがBest Teacher(ベストティーチャー)の特徴で、プレゼンテーションをするカリキュラムが取り入れられていました。

 

自分の考えを英語で分かりやすく伝えるスキルを身に付けるためにも、Best Teacher(ベストティーチャー)へと入会してみてください。

 

>>>Best Teacher(ベストティーチャー)の詳細はこちら<<<

スポンサーリンク


スポンサーリンク