TOEFL対策におすすめのオンライン英会話

b4531233b250804f287b9a062c243f73_s
スポンサーリンク

TOEFLとはどんなテストなの?

TOEFL(Test of English as a Foreign Language)とはETSによって開発された英語の資格試験で、英語を母国語としない人々へのコミュニケーション能力を測るために作られました。

 

TOEICと同じようにTOEFLも世界的に有名なテストで、日本でも大分メジャーになったのではないでしょうか。

 

以下では、TOEFLがどのようなテストなのかその特徴を幾つか挙げてみました。

 

・「読む」「聞く」「書く」「話す」の4つの総合的なスキルが必要となる
・欧米の大学を始めとする130ヶ国7,500以上の機関で採用されている
・大学の出願や奨学金の申請といった基準で利用されている
・大学留学の英語力証明として必須なのでアカデミックな内容のテストが多い

 

TOEICとは違ってスピーキング力・リーディング力・リスニング力・ライティング力の4つのスキルが必要ということで、他の資格試験よりもTOEFLの方が難易度が高いのです

 

スポンサーリンク
   

TOEFL対策におすすめのオンライン英会話へと入会しよう

上記でもご説明したようにTOEFLのテストは難易度が高く、独学では高スコアを叩き出すのが難しいのでオンライン英会話への入会がおすすめとなっています

 

オンライン英会話の中には資格試験の対策に焦点を当てたカリキュラムを用意しているスクールがあり、効率良くスコアを上げる学習ができるはずです。

 

以下では、TOEFL対策としてオンライン英会話を利用した方が良い理由を挙げてみたので一度確認しておきましょう。

 

・中には特別なレッスンプログラムを用意しているスクールがある
・独学ではリスニング力やスピーキング力を鍛えるのは難しい
・1ヶ月間で5,000円~8,000円と受講料金が安いので長期間に渡って学習を続けられる
・自分の不得意とする分野の学習を重点的に行える(レッスンのカスタマイズが可能)

 

通学型の英会話教室ではコストがネックとなり、長期間に渡って英語の学習をするのは困難かもしれません。

 

その点、オンライン英会話ならば格安のレッスン料金で受講できますし、カリキュラムが細かく分かれているスクールも多いので利便性が非常に高いのです。

 

TOEFL対策としてどのようなオンライン英会話がおすすめなのか下記ではご紹介しているので、スクールの選び方の参考にしてみてください。

 

mytutor(マイチューター):TOEFL対策やIELTS対策など資格試験に焦点を当てたカリキュラムが多い
e英会話:TOEFLのテストに必要なヒアリング力のアップを自然と見込める
レアジョブ:オリジナル教材を使った対策レッスンが格安の料金で受けられる
グローバルコミュニケーションズ:オンラインレッスンを通して集中的に資格試験対策が可能
Best Teacher(ベストティーチャー):アメリカやカナダなどネイティブの講師を集めている

 

全体的に見てみるとTOEFL対策のレッスンが受けられるオンライン英会話は少ないものの、上記のようなスクールで学習すればスコアアップに繋がるはずです。

 

TOEFL対策にはカランメソッドがおすすめ!

TOEFL専用のカリキュラムがなくても、カランメソッドはテスト対策としておすすめです

 

日本語を使って考えるのではなく英語のまま理解する英語脳を鍛えられるのがカランメソッドで、英語力のアップに必要な全てのスキルを身に付けられます

 

・日本語で訳さずに英語を考えられるようになった
・自然と口から英語が出るようになった
・資格試験のスコアが上がった

 

このような口コミを得ているので、カランメソッドを取り入れたオンライン英会話のQQ Englishに入会してみましょう。

 

TOEFL対策専用のカリキュラムは用意されていませんが、カランメソッドの正式認定校なのでまずはQQ Englishの無料体験でどんなレッスンなのか試してみてください。

 

>>>QQ Englishの詳細はこちら<<<

スポンサーリンク


スポンサーリンク