ビジネス英語が学べるオンライン英会話

2ae3dee9d14061db7bcb981c4edcc0cb_s
スポンサーリンク

ビジネス英語が学べるオンライン英会話に入会しよう

現在ではグローバル化が進み、「今年度から社内の公用語を英語にします」という企業は増えてきました。

 

その影響もあってオンライン英会話を利用してビジネス英語を学ぶ生徒も多く、専用のテキストやカリキュラムを用意しているスクールもあります。

 

一般的な英語⇒日常生活で使用する英語
ビジネス英語⇒ビジネスシーンで使う英語

 

英語と一口に言っても上記のような違いがあり、ビジネス英語では日常会話で登場しないようなボキャブラリーやフレーズを学習していくのです。

 

・面接
・会議
・学会
・電話応対
・メールの送信
・プレゼンテーション

 

このようなシチュエーションで使用する英語を学ぶ形となり、独学では難しいからこそオンライン英会話を利用する方が増えているのかもしれません。

 

オンライン英会話ならば講師と1対1で受講するのが基本ですし、自分のスキルやペースに合わせて学習できるメリットがあります。

 

「ビジネス英語の参考書を買ってみたけど理解できない」「リスニングやスピーキングを意識しながらビジネス英語を学びたい」という生徒には、特にオンライン英会話がおすすめです

 

当サイトでご紹介しているDMM英会話では、出版社提携教材の実践ビジネス英会話教材が用意されています。

 

・シーン別 本当に使える 実践ビジネス英会話
・洗練された会話のための英語表現集
・絶対『英語の耳』になる!ビジネス英語リスニング難関トレーニング50

 

上記のような豊富な教材を使って一から学べるので、まずはDMM英会話で無料体験レッスンを受けてみてください。

 

>>>DMM英会話の詳細はこちら<<<

 

ビジネス英語では敬語表現を身に付けよう

ビジネス英語を習得するに当たり、まずは敬語表現を身に付けなければなりません

 

同じ意味でも丁寧な英語をビジネスシーンでは使わなければならず、その例を下記では幾つか挙げてみました。

 

承知しました:「日常:I’ve got it.」「ビジネス:I understand.」
ありがとうございます:「日常:Thanks.」「ビジネス:I really appreciate it.」
素晴らしい:「日常:Cool!」「ビジネス:It’s awesome.」
そう思います:「日常:I think so, too.」「ビジネス:I agree with you.」

 

日常会話の表現をそのまま使っていると相手に不快感を与えかねないので、単語やフレーズの違いから勉強していく必要があります。

 

このように聞くと難しいと感じるかもしれませんが、日常英語もビジネス英語も同じ英語という点では同じです。

 

日常会話を飛ばしていきなりビジネス英語から学び始めるのは少々間違っているものの、オンライン英会話ならば自分の目的に合わせた学習ができるのでピッタリのスクールを見つけることから始めてみてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク