医療英語を学べるオンライン英会話

ac40f33768f01f9c0a84ec01af945973_s
スポンサーリンク

医療英語とは?

医療英語とはメディカル英語とも呼ばれ、病院内で使われる英語のことを指します。

 

日本の病院でも地域によっては外国人患者が増え始め、医師や看護師にも英語によるコミュニケーション力が求められるようになりました。

 

日常英語では登場しないようなボキャブラリーやフレーズも多く、医療従事者ならばある程度のスキルを習得しておくべきです。

 

もちろん、海外旅行で病院にかかる時にも役立ち、基礎的な文法の習得が終わった中級者以上の生徒は医療英語を学んでみるのが良いかもしれません。

 

スポンサーリンク
   

医療英語を学べるオンライン英会話はある?

医療英語を学べるオンライン英会話は幾つかあり、自主的に参考書を使って学習するよりも楽しさは倍増します。

 

実際に会話でコミュニケーションを取る形となり、リスニング力とスピーキング力を同時に上げられるのです。

 

どのようなオンライン英会話で医療英語のカリキュラムが取り入れられているのか見ていきましょう。

 

DMM英会話

専用のカリキュラムが用意されているわけではないものの、DMM英会話では医療漫画の決定版の「ブラックジャックによろしく」を使い、医療英語を学んでいくことができます

 

・病院や治療で使われる英単語を学べる
・大学病院や医療現場の現状を理解できる
・ストーリーを楽しみながらスラング表現を覚えられる
・オリジナルの問題で応用力を身に付けられる

 

このようなメリットがあり、楽しく医療英語を学びたい生徒には目的別教材の「ブラックジャックによろしく」がおすすめです。

 

DMM英会話のオリジナルテキストにはイラストも載っているので、初心者も一度チャレンジしてみてください。

 

>>>DMM英会話の詳細はこちら<<<

 

エルト医学英語アカデミー

医療英語を学ぶために作られたオンライン英会話がエルト医学英語アカデミーです。

 

毎月7,000円と料金が安く、分かりやすい動画コンテンツや毎日のSkypeレッスンでスキルアップを目指していく形となります。

 

・医療英語に完全特化したコンテンツが用意されている
・ボキャブラリーやフレーズの難易度はレベルごとに設定されている
・500本以上の動画教材を使って楽しく学べる
・全てのコンテンツが1週間に渡って無料体験できる
・看護英語や薬剤師英語など専門的なカリキュラムが多い

 

上記のような特徴を持つオンライン英会話がエルト医学英語アカデミーで、医師や看護師などの医療従事者は自主的に英語学習に励んでみてはいかがでしょうか。

 

医療英語に役立つネット上のサイト

オンライン英会話でレッスンを受けるだけではなく、スキマ時間に医療英語に役立つネット上のサイトを利用するのは選択肢の一つです。

 

メディエイゴ:外来編や病棟編など便利なフレーズがシチュエーションごとに分かれている
Hospital English.com:クイズ形式で学んだり英語リスニング音声を聞いたりできる
Oxford English For Careers:医療に関わる英語のテストが受けられる

 

これらのサイトは全て無料で利用でき、通勤時間や休憩時間を使って取り組んでみてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク