オンライン英会話をしたら、2年でTOEIC595→925になり、効果がありまくりました!

こんにちは、オンライン英会話歴5年・フィリピン留学歴1年・TOEIC925のタツヤ(@otonlineeikaiwa)です。

今回も、机でカリカリ勉強することが嫌い!でも、TOEICを短期間で劇上げしネイティブとの日常会話もできるようになりたいあなたのために情報発信していきます。

 

 

こんな人におススメの記事です!

✔オンライン英会話がTOEICに効果がある理由を知りたい人

 

 

オンライン英会話をしても、TOEICの点数って上がらないんじゃないかなー?

オンライン英会話でスピーキングは勉強できても、TOEICはリーディングとリスニングのテストだから、リスニングはさておきスピーキングを勉強する必要がないんじゃないの?と、僕も思っていました。

 

 

ただ、勉強が嫌いだったこともあり汗、(*1)TOEICはいいから英会話ができるようになればいいや!と考えていたんですね。

 

 

*1就活にTOEICが役立つのは知っていたので、本当はTOEICの点数も上げたかったです笑

 

 

そんなわけですが、オンライン英会話で英語を日本語に訳さず理解する(*1)英語脳を鍛えたら、(*2)2年でTOEIC595→925になっちゃいました。

 

 

*1英語脳については、詳しくは僕のTOEICが925になった秘訣である英語脳とは何か徹底的に解説しました!という記事に書いたので、参考になさってみてくださいね。

 

 

*2当時は英語脳を鍛えなければいけないということを知らなかったので時間がかかりましたが、今なら1年で216点UPできます。

 

 

そんなわけですが、オンライン英会話がTOEICに効果がある理由が気になりませんか?

 

 

そこで今回は、オンライン英会話をしたら、2年でTOEIC595→925になり、効果がありまくりました!ということでご紹介します。

スポンサーリンク

オンライン英会話がTOEICに効果がある理由

オンライン英会話がTOEICに効果がある理由に入る前に、逆にオンライン英会話がTOEICに効果がないと考えられている理由をご紹介したいと思います。

 

 

代表的なオンライン英会話がTOEICに効果がないと考えられている理由は以下になります。

 

 

TOEICに必要なスキルはリーディングとリスニングなので、リスニングはさておき、オンライン英会話でスピーキングを勉強しても意味がない。

 

 

そんなわけですが、上記はよくある勘違い

 

 

リーディングの点数を上げるためにはリーディングの勉強をしなきゃいけないというかんじなのかもですが・・・

 

 

英語のリーディング・リスニング・ライティング・スピーキングの4つのスキルは、相関性があり、(*1)スピーキングを伸ばせば当然リーディングも伸び”やすい”という特徴があります。

 

 

*1スピーキングを伸ばせば当然リーディングも伸び”やすい”ということなのですが、スピーキング>リスニング>ライティング>リーディングという相関性があります。よく言われるのですが、話せることは聞けるし聞けることは書けるし書けることは読めるということです。先ほどの通り、スピーキング>リーディングという相関性があるので、スピーキングを伸ばせば当然リーディングも伸びやすいのですが、逆はありません。

 

 

また、もう一つのオンライン英会話がTOEICに効果がないと考えられている理由が以下になります。

 

 

TOEICの点数を上げたいなら、机でカリカリTOEICの勉強をした方が点数が上がる。

 

 

そんなわけですが、上記は半分正解半分間違い

 

 

半分正解な理由ですが、(*1)(机でカリカリ勉強することが好きな方なら)机でカリカリTOEICの勉強をした方が点数が上がるのは本当です。

 

 

*1机でカリカリTOEICの勉強をした方が点数が上がる一方、いわゆるTOEIC900あるけど話せない人になりがちですね。先ほどの通り、スピーキング>>>リーディングだからです。

 

 

一方、半分間違いな理由なのですが、(*1)先ほどの通りスピーキング>>>リーディングなので、スピーキングを伸ばせば当然リーディングも伸びやすいんですね。

 

 

*1実際問題、僕はTOEICの勉強をぜんぜんしませんでしたが(=リーディングの勉強をぜんぜんしませんでしたが)、スピーキングで英語脳を鍛えることでTOEIC595→925になりました。

 

 

そんなわけですが、いよいよオンライン英会話がTOEICに効果がある理由をご紹介します。

 

 

まずは、オンライン英会話で英語脳を鍛えることができるからTOEICに効果があるからです。

 

 

オンライン英会話で英語脳を鍛えることができるからTOEICに効果がある

先ほどの通り、英語脳=英語を日本語に訳さず英語のまま理解する脳と言いますか頭のことですが、それができることで以下のようになりました。

 

 

TOEICのリスニングセクションPart3の英語の質問文を、日本語に訳さず英語のまま理解できる↓

逐一英語の質問文を日本語に訳さなくても理解できるので時間がかからない

次々と質問文が読まれるものの、日本語に訳さないので質問文が読まれるスピードに追いつける

回答できる

 

 

 

ただ、英語脳ができる以前は以下のようなかんじだったんですね。

 

 

TOEICのリスニングセクションPart3の英語の質問文を、日本語に訳して理解しないといけない↓

逐一英語の質問文を日本語に訳して理解しているので時間がかかる

次々と質問文が読まれるものの、日本語に訳していては質問文が読まれるスピードに追い付けない

回答できない

 

 

そんなわけですが、英語を日本語に訳さず英語のまま理解することが、どれくらい大きな違いであり、どれくらい大事なのかがわかるかと思うんですね。

 

 

スピーキング>リスニング>ライティング>リーディングの相関性があるから、オンライン英会話でスピーキングを伸ばせばリーディング・リスニングも伸びるためTOEICに効果がある

これまた先ほどの通り、スピーキング>リスニング>ライティング>リーディングという相関性があるわけですが、スピーピングを伸ばす=それよりレベルの低いリーディング・リスニングも伸びるというわけです

 

 

例えて言えば、スピーキングは(*1)高地トレーニングのようなものです。

 

 

*1高地トレーニングというのは、標高の高い酸素の少ないところでトレーニングすることで、より効率的に酸素を取り込み、それを効率的に筋肉に行き渡らせることができるようにするトレーニングのことです。高地トレーニングをすると、平地で走るのが楽になるというメリットがあります。

 

 

そんなわけですが、レベルの高いスピーキングやリスニング(=高地トレーニング)をすることで、それよりレベルの低いライティングやリーディングが楽になるようなものなんですね。

 

 

一方で、誰でも彼でもオンライン英会話でスピーキングを伸ばせば良いというわけでもなく、(*1)TOEIC~300&英語が全く話せない方(=オンライン英会話初心者(下))はほとんど効果がないはずです

 

 

*1詳しくはオンライン英会話初心者のあんな不安やこんな不安を解決します!という記事に書いたので、参考になさってみてくださいね。

 

 

なので、TOEIC300~400点台&英語がほとんど話せない方(=オンライン英会話初心者(中))かTOEIC400点台~600or自己紹介と軽くだけなら話せる方(=オンライン英会話初心者(上))が対象というかんじですね。

 

 

スポンサーリンク
   

まとめ

今回は、オンライン英会話をしたら、2年でTOEIC595→925になり、効果がありまくりました!ということですが、ポイントは1つ。

 

 

オンライン英会話がTOEICに効果がある理由=1)オンライン英会話で英語脳を鍛えることができるからTOEICに効果がある2)スピーキング>リスニング>ライティング>リーディングの関係性があるから、オンライン英会話でスピーキングを伸ばせばリーディング・リスニングも伸びるためTOEICに効果がある

 

 

そんなわけですが、上記の2つの理由からオンライン英会話はTOEICに効果があるので、まずはお試しのレッスンを受けてみてくださいね。

 

 

ちなみに、僕が一番おススメしているのはDMM英会話です。

 

 

また、オンライン英会話についてもう少し詳しく知りたいということであれば、詳しくはオンライン英会話初心者のあんな不安やこんな不安を解決します!という記事に書きましたので、参考になさってくださいね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク